>

好きなことをできる部屋

音楽が好きな人向け

子供部屋を趣味の部屋にリフォームして、好きな音楽を大音量で聞いても良いですね。
ピアノやギターなどを、自分で演奏するのも楽しいと思います。
その場合はリフォームする際に、防音機能を付けることを忘れないでください。
防音でない部屋で音楽を聴いたり楽器を演奏したりしていると、近所に音が漏れて迷惑だと思われてしまいます。

業者に、防音機能を搭載できるのか前もって尋ねておきましょう。
他にも静かに絵を描いたり裁縫をしたり、読書をしたりする部屋にしても良いと思います。
子供が巣立つと、空き時間が増えます。
今後はもっとゆっくりできるので、趣味の時間に使いましょう。
趣味に没頭する楽しくなりますし、ストレス解消もできます。

お客さんが来た時のため

友人や親戚などが泊まりに来た時に、空き部屋がないと困ります。
頻繁にそのような機会があるなら、子供部屋を客間として再利用するのがおすすめです。
広く綺麗にリフォームして、お客さんがゆったりくつろげる部屋を作ってください。
またいつも客間として宿泊できる状態にしていれば、巣立った子供が一時的に帰って来た時も問題なく休むことができます。

そのように使っていない子供部屋には使い道がたくさんあるので、自分たちの生活スタイルも考慮してどの方法が良いのか決めてください。
何回もリフォームを繰り返すと高額な費用が掛かるので、経済的な負担が大きくなってしまいます。
1回のリフォームで済むように、慎重に計画を立てましょう。


この記事をシェアする